forex trading logo

ボリンジャーバンドを利用した逆張り戦術 PDF 印刷 Eメール

トレンドの転換点を高確率で読む

相場の上昇局面や下降局面の流れ(トレンド)に沿って投資するのが「順張り」で、あえてトレンドに逆らって投資するのが「逆張り」です。リスクは大きいがリターンも大きい高等戦術といわれています。


「トレンドに逆らって投資する」というのは正確にいうと「トレンドが反転すると予測して投資する」ということです。高等戦術といわれるのはトレンドの転換点を高い確率で見きわめることが難しいからです。


この確率を高めるためのツールがボリンジャーバンドです。為替相場の推移を表す移動平行線の上に3本、下に3本の線(補助線)が引かれているのがこの指標のチャートの特徴です。いちばん上の補助線といちばん下の補助線の間には幅があるのでチャートは帯状(バンド)になっています。

 

移動平均線にいちばん近い上下の補助線(+σと-σ)は、実際のレートがそこにタッチする可能性が大きい(偏差値の高い)線です。この線に囲まれたゾーンに株価が収まる確率は約68%です。

次に移動平均線に近い上下の補助線(+2σと-2σ)に囲まれたゾーンには約95%の確率で株価が収まります。いちばん遠い+3σと-3σのラインに株価がタッチする可能性はほぼゼロです。(もちろん絶対ではありませんが)


バンドの幅が狭いときが逆張りのタイミング

バンドの上下の幅が狭いときはいわゆるレンジ相場で、値動きの小さい相場であることを表しています。動きの小さい相場はある意味でマグマのエネルギーが貯まった相場です。こういう局面は順張りではなく逆張りのタイミングといわれています。


レンジ相場で±のσまたは2σのラインに相場がタッチしたときは高確率でトレンドが転換すると考えられるからです。ボリンジャーバンドはFXで使われてきた指標で、標準的なチャートツールにはかならず搭載されています。

 

サイト内検索

アンケート

お気に入りの取引銘柄は?
 

管理人ピックアップ

バナー



ALL RIGHT RESERVED @BINARYNAVI.COM