forex trading logo

ロスカットしているのにFXの損失を抑えられないのは何故? PDF 印刷 Eメール

100%確実な必勝法が存在しない以上、長期間FXトレードを続けていれば絶対にいつかは負けを味わいます。FXにおける負けとは、相場が自分の予想と反対方向に動いて損失を出してしまうこと。儲けるために行っているFXで逆に資産を減らしてしまうのですから、トレーダーにとってこれ以上の屈辱はありません。


負けが不可避の事態である以上、損失額を最小限に抑えることが最も重要です。そのためには、為替レートが建値から大きく離れてしまう前に決済する「ロスカット」が効果的です。


自ら資産を減らす決断を下すのは辛いことですが、それ以上傷口を広げないための勇気ある撤退と言えるでしょう。



ところが、中にはロスカットをしているにもかかわらず資産の減少に歯止めをかけられない方がいます。俗に「損切り貧乏」とも呼ばれるこの現象は、一体どうして起こってしまうのでしょうか?


結論から言えば、原因はトレーダーの実力不足にあります。損切り貧乏型トレーダーは、往々にしてエントリーのタイミングの取り方が下手です。値上がりの動きを見て慌てて買ったら天井付近でロングポジションを持ってしまった、値下がりの動きを見て慌てて売ったら底付近でショートポジションを持ってしまった、という絵に描いたような失敗例を多く見かけます。


経験不足が不必要な損失を引き起こす

FXはトレーダーの予測力が問われる世界。スタートの位置取りが悪ければ、何度トライしても勝てるはずがありません。無駄にロスカットの回数だけが増えて、資産を減らす結果に終わってしまいます。


また、トレーダーの判断力の未熟さにも一因があります。確かにロスカットは損失拡大を抑えるうえで非常に重宝する手法ですが、実行する度に必ず自己資産が減少するという欠点を持っています。含み損が出るたびにロスカットを行っていたら、どんどん軍資金が少なくなっていくのは当然です。


チャートを見れば明らかなように、よほどの好材料・悪材料が出たときでなければ為替レートが直線的な値動きを示すことはありません。ノイズのような微小な上昇・下降を繰り返しながらトレンドを形成していきます。


ある程度まとまった利益を上げるためには、じっくり腰を据えて取引通貨の価格が目標値に達するのを待たなければいけません。一時的な含み益・含み損に一喜一憂してすぐに決済に及ぶのは間違いです。無闇にロスカットするのではなく、相場の状況を観察してロスカットの必要性やタイミングを考慮することが大切です。


FXはディフェンス重視で

最も気を付けなければならないのは、ロスカットそのものを放棄してしまわないことです。


ロスカットした翌日に相場が回復して、「損切りしなければ良かった…」と後悔することが多々あります。しかし、これは所詮結果論に過ぎません。今回はたまたまトレンドが戻ってきたというだけのことであって、ひょっとしたらそのまま高騰・暴落が続いていたかもしれないのです。ロスカットしていなければ一発で全資産を失っていた可能性もある以上、ロスカットという戦略そのものを否定するのは大きな間違いです。


先行き不透明な投資の世界で長生きするためには、最悪の事態を避ける用心深さが必要です。ロスカットは紛れもなくFXトレーダーにとって必須のテクニック。サッカーや野球など多くのスポーツでディフェンスの戦術が重視されるように、まずは正しいロスカットの仕方を習得することが肝心です。

 

 

サイト内検索

アンケート

お気に入りの取引銘柄は?
 

管理人ピックアップ

バナー



ALL RIGHT RESERVED @BINARYNAVI.COM