forex trading logo

FXとはバイナリーオプションとは

 

FXとは?


まずFXの仕組みについて勉強してみましょう。

外国の通貨の売ったり買ったりすることで利益を手にする取引ですから、「購入した場合は高値で売る」、「売った場合は安い値で買い戻す」どちらかのパターンがうまくいけば、その差が利益、すなわち儲けとなるのがFXです。

わずかな資金でも大きな取引が可能なのもFXの特長です。

例えば旅行などで海外へ出かける場合、手持ちの円をドルに両替されることと思います。

この時のレートが「1ドル=100円」ならば、10万円で1,000ドルになりますね。

さて帰国したあと、その1,000ドルを日本円に戻すとしましょう。

帰国した時の為替レートが「1ドル=110円」になっていたなら、1,000ドルは11万円になります。この場合は10万円でドルを購入、後に売ることにより10,000円もの利益が得られた、というわけです。

また、日本で銀行へ100万円の預金をすると、金利が0.1%なら1年間でつく利息は100円です。

しかしアメリカドルの場合は1.0%、ユーロは2.0%、豪ドルなら5.0%と、金利がそれぞれの通貨ごとに異なっているため、円ではなく、他国の通貨で現金を預金しておく、それだけのことで金利がたくさんつくのです。

この金利差は「スワップポイント」と呼ばれます。

 

■ FXにおける証拠金取引とは?


FXと外貨預金との大きな相違がこの証拠金制度です。

証拠金制度にはレバレッジ(証拠金率)という考え方があり、レバレッジが4倍の場合は1ドル=100円ならば、1万ドルを購入するためには本来、100万円が必要ですが、それを25万円で購入できます。

また、同じ100万円で4万ドルまでの購入が可能となります。つまり、実際に通貨を買う時に必要な金額の何倍ものお金を扱えるのです。

レートが5円円安になれば、1万ドルの取引なら利益は5万円ですが、レバレッジが4倍なら儲けは20万円になるというわけです。

もちろん逆に損をすれば、損失額がレバレッジの分×何倍になるというリスクも忘れてはいけません。

FXのリスクって? きちんと取引方法について理解をしていれば、恐れることはありません。

損害も数倍に?などと聞くと、なんだか恐ろしい…と感じてしまいますね。ですがこのレバレッジの設定、実は取引する方ご自身でされるものなのです。

ですから知らない間にレバレッジが勝手に10倍に!などということはあり得ませんので、どうぞご安心下さい。

その他、逆指値注文という方法で損失が大きくならないようにすることができますので、この方法を利用すれば、ご自分の予想を超えた大きな損失を出す心配がなくなります。

■ FXの大きなポイントは業者比較と投資スタイル


FX業者を選ぶにあたり、まず重要になってくるのはご自分の投資スタイルにあっているかどうかでしょう。

短期で取引をしたい場合はスプレッドなど、取引に関する手数料が少ない業者を選ぶ事が大切ですしが、反対にスワップ金利に関してはあまり影響がないので、少なくても問題がありませんから、そういった項目に注目して比較されると良いでしょう。

逆に中長期の取引をされたい方は、例え取引手数料が若干高かろうとも、スワップ金利の高い業者やスプレッド固定のFX業者を選ぶ事が大切となってきます。

さらにどちらの場合においても共通することは、サーバーの安定性や性能の確かな業者を選ぶという点、というのもFXは瞬間的な取引きが多いのでこれらが利益・損益に直結することがあるからです。

サーバーに関しては多くの口コミ、評価サイトもレビューを参考にされると良いでしょう。

性能やシステムといった項目以外にも様々なチェック項目がありますし、利用されたい業者の現状を知ることはとても大切なのでよく比較されることをおすすめします。

というのは万が一、利用していた業者が倒産した時に、預けてある資金が全額でなく一部しか戻らないなどといった状況に陥らない為にも、その業者の預かり金に対する資産が一体何%なのかなどもしっかりチェックしておく必要があるからです。

更にFX業者は信託保全に加入する義務がありますが、その保全の内容が一部なのか、それとも全額であるのかに加え、毎日計算であるのか、週計算なのか、それとも月ごとなのかまでチェックしておくとさらに安心でしょう。

FX業者を比較する際には手数料やスワップ金利だけでなく、業者の置かれている状況、保障の内容の確認をすること、さらには負荷が掛かった場合でも安定して取引ができるのかまでをきちんと見極めること
が必要です。

 

最近よく聞く「バイナリーオプション」とはどんなもの?


バイナリーオプションはトレードのひとつで、FXや株式、先物取引などと違い、一定時間の間に相場が上がるか下がるかを予想することを基本としたシンプルな取引です。

その際選べる銘柄は為替の通貨ペアや株式、先物や株式指標など様々あり、トレーダーが得意としている銘柄を選んで、その相場で取引を行なうことができます。
選べる銘柄は、バイナリーオプションを取り扱っている業者によって異なりますので、始める前には一度確認してみることをおすすめします。

相場が上がるか下がるかだけを予想する取引になりますので、初心者でもすぐに始めることができるため、幅広い層に支持され急激に人気を博している取引となっているのです。

たとえばFXのバイナリーオプションに参加するとして、ドル円を取引銘柄に選んだとしましょう。その時点のドル円が1ドル90円だった場合、設定された時間内に90円より値上がりするのか、あるいは値下がりするのかを予想することになります。

その際、設定時間内で上がるか下がるかだけを予想するだけではなく、設定した値動きの範囲を超えるのか、あるいは超えないのかなどを予想する方法もあり、組み合わせることで戦略的にトレードを行なうことも可能です。

バイナリーオプションは、証券会社や専門の業者を通じて利用することができ、取扱い商品の詳細や、発生する手数料などは業者によってそれぞれ異なります。

■ なぜバイナリーオプションが選ばれるのか


こうしたシンプルな取引のバイナリーオプションですが、それだけで人気を博しているワケではありません。バイナリーオプションには他のトレードにはない様々なメリットあります。

短い時間で結果がわかる

バイナリーオプションでは設定された時間の中で、相場が上がるか下がるかを予想しますが、その設定された時間は長くても24時間、短いものだと60秒からあり、たとえばこの60秒のものだと1分後には予想結果がわかることになります。

これは、常にパソコンの前に張り付いて、相場の動きをチェックしながらタイミングを見計らって売り買いをしなくてはならない取引に比べて、そもそも取引にかける時間を短縮することができ、普段忙しい人でも安心してトレードを行なうことができます。

逆に言うと、株式やFXのようにひとつの銘柄を長期保持することによって利益を獲得する、ということができません。自分の戦略に合わせて利用方法を考えるとよいでしょう。

誰でも簡単にリスク管理ができる

バイナリーオプションの特徴として、そのほかの取引と異なり、注文を出す前からその取引が成功した場合に得られる利益と、もし失敗した場合に発生する損失を確認できるというメリットがあります。

従来のトレードでは、予期できない値動きによって大きな損失が発生してしまうことが往々にしてありました。それは銘柄の注文時と売却時(あるいは逆)の差額を利益とする仕組みになっている以上、避けられない宿命でしたが、そもそもその値動きの幅自体は獲得利益に関係しないバイナリーオプションの場合、相場の変動具合はトレーダーのリスクとはならないのです。

事前に損失額がわかるというのは、リスク管理において非常に有利に働くため初心者でも安心して参加できるのです。

相場の値動きが小さくでも利益を出せる

これは前項に関係するメリットですが、上記したように値動きの幅が獲得できる利益に関与しないバイナリーオプションは、小康状態の相場においても安定して稼げる可能性を秘めた取引であるということが言えます。

FXや株式の場合、利益があくまで銘柄の値段の変動幅であるために、これが小さいということは、一度の取引で稼げる額が減るということを意味します。そのためトレーダーによっては、値動きの小さい相場では勝負をしないという人も少なくなく、それはすなわち定期的に稼ぐということに支障をきたしかねません。

そういった点においてバイナリーオプションは、いつでも安定して取引を行なうことができると言うことができるでしょう。ただしいくらバイナリーオプションの場合でも、相場の変動幅が少ない場合には予想が当たった時の倍率が小さくなっている場合もありますので、注文を出す前に一度確認することをおすすめします。

途中で清算することができる

一定時間の間に予想が当たっているのか外れているのかで成否が決定するバイナリーオプションですが、設定された時間内であれば、途中で清算を行なうこともできます。

その際、正規の倍率より少なくなってしまう場合もありますが、既に条件をクリアした時にはこの途中清算を利用することで、損失を回避することができるのです。
ただしこの途中清算は業者によってはサービスを提供していないところもあるので、事前に確認しておく必要があります。

単月収支で黒字になる確率が高い

もちろんトレーダーの力量によってその差はありますが、一般的にトレーダーの単月利益率は5%~10%と言われています。中には30%に及ぶ口座も存在するので、リスクを管理してきちんと取引することで、安定して稼ぐことができると言うことができるでしょう。

■ バイナリーオプションのデメリットとは?


いいことずくめのように聞こえるバイナリーオプションですが、もちろんデメリットもあります。このデメリットを自身でコントロールできるかどうかをしっかりと見定めた上で、取引をおこなうことで後で後悔せずにすむはずです。

勝率5割では利益がでない

これはバイナリーオプションの限ったことではありませんが、業者の提供する取引である以上、手数料が発生します。その手数料の分を加味すると、勝率が5割だった場合にはマイナスになってしまいます。
手数料は業者によって異なりますが、たとえば手数料が20%だった場合、トレーダーが利益を出すためには55%以上の勝率にする必要があります。

負けた場合全ての掛け金を損失してしまう

たとえばFXの場合では、買いポジションをたてた時よりも相場が下がった場合、すぐに決済をしてしまうことで損はするものの、購入に使った資金がゼロになってしまうことはありません。
しかしバイナリーオプションは、予想が外れてしまった場合には投入した資金が全てなくなってしまうので、しっかりとリスク管理を行なうことが必要になります。

最後にこれはデメリットと言うのは当てはまらないかもしれませんが、バイナリーオプションにおいても相場の分析ができる人の方が、安定して勝つことができます。
参入しやすいからといって、気ままに予想をするだけでは安定して利益を得ることは難しいということも覚えておく必要があります。

バイナリーオプションで人気の「ハイローオーストラリア」ってどんな業者なの?


【ハイローオーストラリアとは?】

海外業者「ハイローオーストラリア」の本拠地は、その名のとおりオーストラリアにあります。
アジア地域へのサービス展開を重視しており、本国以外のアジア地域でも最大級のシェアを誇る大手業者です。
ここ数年では日本向けサービスの充実も行っており、日本人ユーザ数も年々上昇しています。

【特徴1:ライセンス取得済みの高い信頼性】

海外企業であるため日本金融庁が発行するライセンスは取得できませんが、審査に厳しいと言われる本国オーストラリアの金融ライセンスを取得しており、その堅実性は高く評価されています。

また、さらに信頼性を高めているのが国際オンライン決済サービスである「Neteller(ネッテラー)」の導入が行われていることです。
Neteller社は導入を申し込んだ企業を徹底的かつ厳格に調査することで有名であり、この企業との提携に成功していることはすなわち、信頼がおける企業である証と言えるでしょう。

【特徴2:手数料ゼロでBO取引ができる】

海外業者との取引というと、「入金や出金等で高い手数料を取られてしまうのでは?」と心配な人も多いはず。
しかし「ハイローオーストラリア」は口座登録や年間の維持費などがゼロ円であるだけでなく、入金・出金などの手数料も全て無料で投資を行うことができます。
「少額リターンが手数料で消えてしまう」なんて心配も要らない!というわけですね。

【特徴3:1000円からスタートできる気軽さ】

取引の最小金額を1000円に設定しており、誰でもお小遣い程度の金額で気軽にBO取引に参加できます。
また1回の最大取引は50,000円までと限度額を大きく設定してあるので、トップトレーダーとなってからも快適に取引が行えるのも嬉しいポイントです。

【特徴4:最大200%の高いペイアウト率】

リターン(支払額)を決める率である「ペイアウト率」は収益を決める重要な要素ですが、最大ペイアウト率が200%と高く設定されています。
少額取引でもしっかりしたリターンを積める可能性が高いというわけです。

BO取引を扱う海外業者はたくさんありますが、上記3つのユーザーへのメリットをすべて兼ね備える海外業者は貴重な存在と言えるでしょう。

バイナリーオプションはハイローオーストラリア
 

サイト内検索

アンケート

お気に入りの取引銘柄は?
 

管理人ピックアップ

バナー



ALL RIGHT RESERVED @BINARYNAVI.COM